QLOOKアクセス解析
welcome
  
トップ
モデル車両 ネジの交換 ヘッドライトの交換 アンテナの交換 ワイパーの交換
キーレス+エンスタ化計画 マップランプ設置+LED化計画 スパークプラグ交換 イグニッションキー照明設置 オーディオの交換
アーシング(アース線追加) スターターリレー設置 マップランプ設置2 ファンベルト調整 2WD⇔4WD
リアステップ取付け ハンズフリー設置 オイル交換 コラムカバーの交換 コラムカバーの交換2
ステアリングの交換 ウィンカー不調修理 助手席でも連動化 シートバックアジャスター装着 バッテリーの交換
ハイマウントストップランプ設置 センターコンソールの取り外し インパネの取り外し ワイパー故障修理 ドアウィンドウの修理
ワイパーゴムの交換 ACヒューズ燃焼 ワイパーの塗装 ファンベルトの交換 エバポレーターの清掃
エキマニの交換 プロペラシャフトのブーツ交換 ブリーザーホースの交換 ディストリビューターの整備
電気初心者のための「車の電気」
JA11サービスデータ(整備データ)


ファンベルト調整

オルタネータベルト

DIYではなくただのメンテナンスです。
ですが、これをやらないと走行中にエンジンルームからケタタマシイ音がし出します。
ジムニー乗りには当たり前の事なのですが、初心者はこの音聞いたら焦ります。

◎用意する物

◎方法

オルタネータ いや実は、走行中に凄い音で鳴り出したんです。
どんな音かというとキィーキィーキィ、キュルキュル、キィーーーみたいな。
周りの歩行者が振り返るくらいの音です。
信号待ちからの走り始めなどで、エンジンルームから油が切れたような音が聞こえたらコレを疑いましょう。

もちろんブレーキ踏んでキィキィいったら、ブレーキですよ。

マニュアルでは年一回の点検となっていますが、年3回は点検したほうがいいみたいです。

レンチでゆるめる 作業前にバッテリーのマイナス端子をはずします。

オルタネータのアジャストボルトを12mmのレンチで緩めます。

このとき、ユルユルに緩めるのではなく、手では動かないが「てこの原理」を使えば動く程度に緩めると、作業がやりやすくなります。

バールで調整 で、適当な棒・・・私はバールを使います・・・を使って、オルタネータ全体を動かします。

左図を御覧下さい。まぁいたって原始的な仕組みです。

もちろん、Vベルトに割れや歪などが見られたら即交換しましょう。

ベルトの張り具合 で、どれくらい張ればいいの?
という疑問が湧きます。

  テキトーです!!

いやほんと私はテキトーです。
感覚としては押せば少し下がるかなくらい。
JA11のベルトはただのVベルトですので、Vリブベルトのようにギチギチにする必要はありません。というより、あまりきつくするとオルタネータのベアリングが壊れます。でも緩すぎると、ベルトが滑り異音を発生させます。

ちなみに切れたら発電できないので、そのうちバッテリーがあがり、エンジンが止まります。

中間を指で押して確認 一応サービスマニュアルによると、
クランクプーリとオルタネータプーリの中間を約10kgの力で押したとき、ベルトのたわみが規定値にあること。      
ベルトのたわみ(m) 新品7〜11
張替 9〜11

とあります。
単位の(m)は(mm)の間違いでしょう。

で、10kgって?という神経質且つ不安な方は、ご家庭の体重計を指で押して「10kgの力」を体で覚えて押してみて下さい。

エアコンベルト こちらは反対側にあるエアコンのコンプレッサーを駆動するエアコンベルト。
エアコンつけたらキュルキュル音が発生したらこっちです。
同じ仕組みですので、こちらもチェック。

余談ですが、ファンベルト(ファン=扇)とは冷却ファンを回転させるベルトの名称ですが、巷では今回のオルタネータベルトやパワステベルトなど、タイミングベルトを除いたベルトをファンベルトと呼んでいますので、それに倣いました。



簡単にできます。所要時間1分ってところです。年3回はチェックしておきましょう。
こんなんで工賃取られるのバカらしいです。

ホーム

Copyright (C) 2004 SIN. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system